BLOG ブログ

相続人になれるのは誰ですか?

相続人になれるのは、被相続人の配偶者、被相続人の子もしくはその代襲相続人、被相続人の直系尊属及び被相続人の兄弟姉妹です。

 ただし、被相続人の配偶者は常に相続人となりますが、被相続人の子もしくはその代襲相続人、被相続人の直系尊属及び被相続人の兄弟姉妹には順位があり、第1順位が被相続人の子もしくはその代襲相続人、第2順位が被相続人の直系尊属、第3順位が被相続人の兄弟姉妹です。

 従って、たとえば男性Aが亡くなった場合、Aに奥さんがいれば、奥さんは常に相続人となります。

 また、Aに子供もしくはその代襲相続人(孫、曾孫など)がいれば、子供もしくはその代襲相続人が相続人となりますが、子供もしくはその代襲相続人がいなければ、まず、Aの直系尊属(父母、祖父母など)が相続人となり、さらに、直系尊属がいない場合は、Aの兄弟姉妹が相続人となります。